[1]   2   3   4   5   >>   [最後]
2018年10月18日(木)

Ninja H2 カスタム マフラー・カーボンフェンダー

Ninja H2 カスタム マフラー・カーボンフェンダー
 
Kawasakiの技術の粋を結し、センセーショナルなデビューを飾った2015年。
年々アップデートを続け、今年は231PSモデルとなりました。
そんなH2のカスタムをご紹介。
 
 
スーパーチャージャーを搭載しているだけでなく、いろいろなところが特別。まずは、マフラーの交換から。
 
 
 
エキパイのエキゾーストマニホールド部分。円形ではなくオーバル形なのです。
 
 
なので、ガスケットもオーバル型。
  
 
マニホールドからエンジンを覗き込むとみえるのが上側がバルブガイドにエキゾーストバルブ。よく焼けています。
 
 
時期は違うのですがフェンダーのカスタム。
 
 
  
ブラックミラーコートが光り輝いています。
 
 
こちらが今回装着するカーボンフェンダー。安心のA-TECH製品。
 
 
H2のフロントブレージホースがフロントフェンダーに固定されています。しかもリベットで。
今回、慎重に丁寧にブラックミラーコートのフロントフェンダーからステーを取り外し、カーボンフェンダーへ移設。
既存と同じ径のリベットでも問題ないかもしれませんが、念のため1サイズ大きいリベットで固定。
 
 
前後カーボンフェンダーを装着。
 
 
ブラックミラーコートフェンダーとは違うアクセントのある仕上がりになりました。

2018/10/18 19:00 | カスタム♪ | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL:

2018年10月09日(火)

H2 SX リコール

H2 SX リコール
 
 
 センタースタンドを蹴上げた状態で保持するためのスプリングブラケットピンの溶接が不適切なため、折れて脱落することでスプリングが外れ、スタンドが降下してしまうとのこと。ブラケットを対策品と交換します。
 
 
 センタースタンドを取り外します。
 
 
 
 左がリコール対象パーツ。右が対策パーツ。
 溶接の盛りがちがいますね。
 
 
 
 
 拡大の画像。左がリコール対象パーツ。右が対策パーツ。
 
 

 対策品との交換完了。
 目立たないパーツですが、引き起こされるリスクを考えると必要なリコールです。
対象の車両かどうか不明な際はご相談ください。
 

2018/10/09 18:00 | 車検・修理! | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL:

2018年10月04日(木)

Ninja1000 2018 ワンキー仕様のヘルメットホルダー

Ninja1000 2018 ワンキー仕様のヘルメットホルダー
 
 ツーリングでちょっとヘルメットを脱ぐとき、ミラーやハンドルにかけたり、タンクの上に乗せたり。
ひとそれぞれ、落下しないような場所に置いていますね。
 食事など少し長い時間、バイクから離れる場合も、ヘルメットの落下や盗難が気になりつつも同じように置いているかもしれません。
 ワイヤーチェーンでハンドルにつないだりしている方もいますね。
 
 
 ほとんどの車両のタンデムシートにはヘルメットを固定しておくフックやワイヤーが準備されていますが、使いづらいのか使用している方を見かけることは多くありません。
 使いづらい車両のヘルメットホルダーの代わりに、純正や社外のパーツでヘルメットホルダーが販売されているので、装着している方もいらっしゃいます。
 
 リアのタンデムステップやフレームなどにボルトオンで装着ができ、取り扱いもしやすいので、とても便利です。
 
 
 便利です。便利ですが、便利なのですが、もうひとつ便利に快適さをご紹介。
 
 
 後付けのヘルメットホルダーの開閉は鍵によっておこなうのですが、これが当然ながら車両の鍵と違うものになってしまいます。
 車両の鍵を抜いて、鍵を持ち替えてヘルメットを引っ掛ける。すこし面倒ですね。
 
 
 今回は、これをワンキーにして快適にするお話。
 
 
 ワンキーとは、純正メインキーで、ヘルメットホルダーの鍵を操作できるというもの。
 
 
 まずは、材料を準備します。
 
材料  社外パーツ キジマヘルメットホルダーKIT
    純正流用  ヘルメットホルダー
 
 
調理手順です。

シリンダーを2個ばらします。
 
キーシリンダーを組み換え鍵合わせをし、メインキーでヘルメットホルダーも操作できるようにします。
完成
 
 
 全ての車両に対応できるものではないので、可能かどうかはご相談ください。

2018/10/04 18:00 | カスタム♪ | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL:

2018年09月25日(火)

Ninja H2 Super Charger スラストクリアランス確認

Ninja H2 Super Charger スラストクリアランス確認
 
 
 川崎重工業(KHI)グループの持つ技術の粋を集め、ある意味作品とも云える「Ninja H2」
「H2」の称号は1972年の750SS / MACH4でしたが、40数年の月日を経て2015年に「H2」を冠した車両が復活!
 
 2015年「H2」の登場から、毎年アップデートやグレード・モデルの追加を経て、2019年にはなんと!231psになり発売されます!!
 クローズドコース仕様のNinja H2Rに至っては310ps(ラムエア加圧時326ps)と、まさにモンスター級。
 
 
 そして、このハイパワーを生み出しているパーツが「スーパーチャージャー」です。
 駆動回転力によって吸い込んだ空気を圧縮し、燃料とともにエンジンに送り込み、自然吸気以上の燃焼エネルギーを発生させハイパワーを生み出します。
 
 
今回はそのスーパーチャージャーの点検のお話。
 
 
 左の写真で奥に見えるのが、カバーを外して見えるようにしたスーパーチャージャーのタービンユニット(コンプレッサー側)
 このタービンが高速で回転することで吸い込んだ空気を圧縮します。
 
 右の写真は、そのタービンが回転する際にどれだけスラストクリアランスがあるかをマイクロゲージを使って測定しています。
 スラストクリアランスとはタービンが回転する際に必要となるわずかな隙間のことで、その隙間が大きすぎるとガタつきから回転不慮、磨耗、破損となってしまいます。
 H2の場合はオイルによる潤滑状態でフローティング状態になっています。
 高速で回転し続けることで高熱になるパーツですので、そのわずかなクリアランスへ異物の混入などによる物理的な衝撃や使用しているオイルの品質・交換のタイミングなどで悪くしてしまう可能性があります。
 
 
 初期トラブルを回避するためにも、メーカー保障期間中は特に点検することをお勧めします。
 
 
 レアなケースですが、スーパーチャージャーが破損するとその勢いて破損したパーツをエンジンに送り込みエンジンが一発で破壊されてしまうことも考えられます。
 
 普段のしっかりとしたオイル管理! 乗り出しのまえにしっかり暖気!
 を、心がけてください。
 
 このスーパーチャージャー。破損すると本体だけでなく周辺パーツの交換が必要になり、修理費用がとても高いので大事にしてください。
 
 外装を綺麗にするだけではなく、走る・止まる・曲がるといった安全面のメンテナンス。
 快適に永く乗り続けられるように外から見えない部分を少し気にしてみてください。
 そんなメンテナンスなどのご相談、お店で伺います。

2018/09/25 18:00 | 整備日誌♪ | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL:

2018年09月20日(木)

ZX-6R 2009 GRN 整備

kawasaki ZX-6R GRN ZX600R 整備
 
 
2009年式 ZX-6R の整備内容のご紹介。
599ccと636ccを行ったり来たりの排気量設定の中、中量級スーパスポーツとして軽量化されまた、それまでのセンターアップマフラーからサイドショートマフラーにへの変更や足回りの刷新などで、2009年にフルモデルチェンジしたZX-6Rです。
 
 
いきなりバラされた画像からスタートです。
年式も2009年と10年に近くなってくると、いろいろ掃除できない部分に汚れがたまってしまいます。
今回は隅々まで点検・整備・メンテ・清掃のフルコースになります。
 
 
そうです。ステムベアリング。必ずメンテナンスします。
カスタムやオーダーのメンテナンスの際にはステムの清掃やグリスアップは行いますが、なかなか定期的にメンテナンスされる方は少ないと思います。
車両のフレームと前輪の操舵を担う部分で、バイクを走らせる限り常に動いていて、とても大きな力が常に作用し、操縦にはとても重要な役割をしています。
バラしてみるとメンテナンスしていても劣化して固着したグリスが見られます。
 
 
ステムベアリングの様子。
 
 
グリスを拭き取って清掃してみると、ベアリングの接点部分に磨耗のあとがありました。
稼働部分なので経年によってどうしても磨耗してしまいます。それを放置してしまうと、少しの傷が擦れ合ってさらに大きな傷になってしまい、スムーズなハンドリングができなくなってきてしまいます。
新品に交換します。
 
 
ステムベアリングを取り除きしっかりと清掃します。
 
 
グリスをたっぷり塗って。。。
 
 
グリスをたっぷり塗って、組み付けていきます。
 
 
サスペンションのメンテナンスです。
 
 
バラして、メタルパーツの磨耗や、樹脂パーツの劣化などを確認していくと、ダストシールにひび割れが見つかり新品に交換です。
 
 
ホイールハブのベアリングも取り外し、ハブ側を綺麗に清掃します。
 
 
タイヤも交換し組み付けます。
 
 
エアクリーナも確認(交換)インテーク部分も点検清掃します。
 
 
エンジンのヘッドカバー部分。お次はプラグの確認です。
外してみるとこんな感じ。
 
 
新品と並べてみると、そんなにすすけていませんが交換します。
 
 
続いてACG(交流発電機)のメンテナンスです。
車両の電制に使用されているのは直流電源ですが、エンジンの回転動力を用いてコイルと磁石による電磁誘導で効率よく発電する電源は交流電源になります。
発電された交流電源を整流し直流電源としてバッテリに蓄え使用します。
電源がなければバイクは動きませんし、発電しなければ電源が枯渇して止まってしまいます。

このZX-6Rは中量級スーパースポーツモデルとして、高回転で走ることが前提で作られています。
エンジンを高回転で回すことによって、オイルがよりよく循環し潤滑・冷却をおこないます。
街乗りなどで高回転にする機会が少ない場合、その冷却効果が効率よく行えないようなことがないように、マグネットローターの固定ボルトに冷却潤滑用ホールの空いた対策品を使用しました。
万が一、冷却効率が得られず熱破壊をしてしまうことを防ぎます。
 
 
 
そしてリア周りの点検整備を行います。
 
 
必ず行うのがハブベアリングの点検整備これは必須です。
 
 
写真には取りきれていませんが、そのほか諸々の整備をした車掌の完成写真は→こちら!!

2018/09/20 22:00 | 整備日誌♪ | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL:

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]